静岡県(浜松市)の子育て安心住宅のローコスト注文住宅に関する情報をご紹介します。

子育てガールズDiary

2021.10.05

*お家の中の扉は開き戸?引戸?どちらにする?*

——————————————————
★見学会情報
  → 今後の日程・開催場所
  → 見学会の様子
これまでの 施工事例
——————————————————
お家の間取りや仕様を決めるときに
大切なものの一つとなるのが『建具』。

色やデザインはもちろんですが
どんな形にするかも大切なことの一つ。

一般的には開き戸が多いイメージがありますが、
最近では引き戸をご希望される方も増えています。

今回はそれぞれの特徴を少しご紹介します☆

◎引戸◎

扉を横にスライドさせる引戸は
簡単に扉を開閉することが出来るので
バリアフリーにしたい所に向いています。

更にレール仕様ではなく
上から吊る仕様にすれば段差を解消することも。

また扉を引き込むことが出来るので
お部屋全体に開放感が生まれます。
リビングと続き間の和室に設けると
2つの空間があっという間に広い1つの空間に。

換気をするために少しだけ開けたい・・・という時にも
風で扉が閉まってしまう、という心配も少なくなります。

ただ反面、
扉と壁の間に隙間が出来るため
気密性が低くなってしまい、
音が漏れやすくなるという難点も。

脱衣室などの様に湿気をこもらせたくない部屋には向いていますが
寝室や客間など
周りの音を気にしたくない部屋にはあまり適さないかもしれません。

また開き戸よりもコストがかかってしうため
全室引き戸にしたら思いのほか費用がかさんでしまった、
なんていう事も。

そして間取りによっては設置が出来ない場所も有るため
間取りや動線との兼ね合いも重要になります。


◎開き戸◎

室内の扉として最も多く使われているのが
ドア と呼ばれる開き戸。

開き戸は密閉して閉めることが出来るので
引き戸に比べて気密性が高くなります。

気密性が高いと音も気になりにくくなるため
寝室など周りの音を気にしたくない部屋におススメです。

また開閉するときの音も小さい為
夜にご家族様がトイレに行く音で起きてしまう
なんていう心配も少なくなるでしょう。

しかし横に扉をスライドさせる引戸に比べて
扉を前後に動かす開き戸には
扉の大きさの分だけ開閉するときにスペースが必要となります。

扉付近に収納などのものを置くことが出来なくなるほか、
近くを通っていた人にあたってしまう心配も・・・。

特に階段の近くに開き戸を設ける際には
落下の危険性が高まるので要注意です。

それぞれにメリット・デメリットのある扉。
開閉のしやすさはもちろんですが、
ご家族様の生活動線によっても
使い勝手は変わってくるものです。

今お住いのお家が開き戸だから
そのままの方が使いやすい場合もあれば
引き戸にした方がよくなる場合も。

勿論その逆もあります。

何となく毎日使っているものですが、
もしよろしければお家を建てられる際には
どちらがいいのかぜひご検討してみてくださいね。

それでは本日もお読みいただき有難うございました。
子育ての東島でした。

***********

インスタグラムキャンペーン開催中★

●子育て安心住宅公式アカウント(@kosodateanshin)

●子育て安心住宅間取アカウント(@madori_kosodate)

●子育て安心住宅リフォームアカウント(@kosodate_reform)

をフォローで最大1000円分のクオカードをゲットしよう♪

応募方法など、詳しくは画像をクリック✨

お家の情報を日々配信中ですので、
ぜひフォローしてみてくださいね♪

***資料請求について***
家づくりの第一歩は資料請求から♪
資料請求はこちらをご覧ください

***おすすめリンク***

子育て安心住宅tiktokはこちら★
子育て安心住宅Facebookはこちら★

浜松市・磐田市・袋井市・掛川市で建てるなら

*お値打ち注文住宅*
株式会社 子育て安心住宅

静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1209-1
TEL:0120-005-120
FAX:053-423-2511

一覧

CATEGORY

ARCHIVE

【子育て安心住宅のお約束】強引な勧誘は一切いたしません。
お気軽にお問い合わせください!

 資料請求 お問い合わせ 
TEL0120-005-120見学会に参加する土地情報はこちら無料資料請求はこちら
見学会に参加する 土地情報はこちら 無料料資料請求はこちら