静岡県(浜松市)の子育て安心住宅のローコスト注文住宅に関する情報をご紹介します。

家づくり相談室

2017.03.07

フラット35の機構団信と民間の生命保険、どっちがお得?

家を購入するときに、住宅ローンを使う方は多くいらっしゃっると思います。
一般的に住宅ローンを組むときには生命保険に加入が義務になっています。

なぜならば、住宅ローンを組んだ方が死亡した場合、ご遺族にはローンが残らないように、
掛けた生命保険で返済をするためです。

この生命保険の保険料は、民間の金融機関であれば、通常金利の中に含まれています。

ただ、フラット35の場合は任意です。

しかも年払いで住宅ローンを組んだ人が保険料を負担します。

ここで、自分で負担をするのであれば、民間の生命保険に加入するという考えも浮かんできます。
【フラット35の機構団信】と【民間の生命保険(収入保障保険)】で比べてみましょう。
30歳男性が3000万円を35年、元利均等返済で借りた場合の比較

金利1.12%フラット35の機構団信に加入した場合の保険料支払い総額は204万円。

民間の生命保険の収入保障保険に加入した場合の支払い総額は143万円。
機構団信と民間の収入保障保険の差は61万円になります。

単純に金額だけの計算だと、民間の収入保障保険がお得となります。
ただ、保障の内容がすべて一緒とは限りません。

機構団信は8大疾病や失業保障等に対応する商品も扱っています。
民間の収入保障保険に至っては、数多くのものがあると思います。
しっかりと調べたうえで、比較をして、ご自身にあったものを選んでくださいね。

一覧

CATEGORY

ARCHIVE

【子育て安心住宅のお約束】強引な勧誘は一切いたしません。
お気軽にお問い合わせください!

資料請求 お問い合わせ