静岡県(浜松市)の子育て安心住宅のローコスト注文住宅に関する情報をご紹介します。

現場PROGRESS

2018.12.10

お風呂のお手入れ

こんにちは

アフターメンテナンス担当の山下 和也です

先週まで「暖冬」「暖冬」と書いてきましたが、いよいよ冬らしい寒さがやってきましたね

私は寒いのが苦手なので、冬はお風呂で温まるのが一番落ち着きます

 

さて、今回はお風呂掃除をされている奥様や旦那様に役立つ、お風呂のお手入れの情報を書かせていただきます

 

まずお風呂にカビが生えないための予防策から!

カビが生えないようにするためにまず大切なのは「使うたびに対策をする」ことです

対策方法としては、お風呂を上がる時にシャワーで冷水をバスルーム全体にかけます

壁、天井、浴槽内、全てをまんべんなくかけることで浴室内の温度が下がり、カビが生えにくくなります

 

また冷水で温度を下げた後は、雑巾や乾いた布で壁や天井の水気をとります

カビが好む湿度は70%~95%といわれており、こまめに湿気を取り除いておくことでカビが生えにくくなります

なのでバスタブにはなるべく水をためておかず、使い終わったら抜く方が良いです

 

 

次に細かな水垢やカビなどが出たらこまめに激おち君や使い古しのハブラシなどで擦って落としてあげると良いです

 

 

それでも忙しい毎日の中で水垢や石鹸カスが蓄積して汚れは溜まってしまうものです

もし、汚れが溜まってピンクや白い塊になってしまった場合は、「パック洗浄」がお勧めです

 

やり方は汚れが溜まっている部分を水またはお湯で濡らし、キッチンペーパーかトイレットペーパーを厚めに貼り付けます

そして上から浴室洗剤をスプレーし、キッチン用のラップをかけて5分~10分ほど放置

そうすると、頑固な湯垢も多少浮いてきて、擦ると落ち易くなります

ただし、一部の洗剤には「放置しないでください」という表記があるので使用方法を確認の上でチャレンジしてみて下さい

 

最後に鏡です

毎日身だしなみを確認するのに鏡の存在は欠かせませんが、いつの間にか白くなっていることはありませんか?

実はコレ、水道水に含まれるカルキと鏡の表面のケイ素成分が結び付き固まってしまったものなんです

なので白い汚れを落とすのは意外と至難の業です

ホームセンターなどで鏡の掃除専用のクリーナー(クロス、消しゴム、薬剤がセットになったお掃除キット)が売っているので試してみてください

 

 

皆さんも快適なお風呂で体を温めて、残りの今年の冬を乗り切りましょう♪

一覧

CATEGORY

ARCHIVE

【子育て安心住宅のお約束】強引な勧誘は一切いたしません。
お気軽にお問い合わせください!

資料請求 お問い合わせ