静岡県(浜松市)の子育て安心住宅の家づくりへの想い・誓い。

家造りへの想いと誓い

幸せな家族や子供たちの笑顔を守る住宅を、私たちが持てる最大限の力で造り続けます。

幸せな家族や子供たちの笑顔を守る住宅を、
私たちが持てる最大限の力で造り続けます。

私たちは、住宅を「子供たちの心のふるさと」として、かけがえのないものと捉えています。
たとえ世界のどこへ巣立っても「帰れる場所」として、また、子育て世代の家族の家計に負担なく、
末永くお住まいいただける住宅を造ることが使命です。

そのために、私たちがもてる最大限の力を発揮し最善を尽くし、コストパフォーマンスも踏まえた現在考えうる最良の材料、
工法、職人を住宅のプロとして選択及び管理し、
お客様の持つ条件を全て把握し最適なご提案をすることに全力を尽くします。
小さな問題を見逃さず妥協せず正直にひとつひとつ真剣に解決し、
そして、安全で安心できる安くていい家を丈夫に造り続けることで、幸せな家族や子供たちの笑顔を守り続けます。

代表の家造りへの想い

「子育て安心住宅」の名前に込められた想いと、
お客様への誓いを絶対に守る理由

長女の彩菜(さな)が産まれた次の年に、私はこの浜松市で住宅会社をはじめました。
そのとき、この言葉を広告に載せました。

「私は誓います。この子供たちに恥ずかしい仕事は絶対にしない」

あれから10年。

あのときまだ産まれたばかりだった彩菜は、もう小学校の四年生になりました。
そして、小学校二年生になる次女菜栞(なお)が産まれ、家族は4人になりました。
会社をはじめたころ、毎晩子供たちの寝顔を見ながら「この子らのためにも頑張ろう。
この子らに胸を張れる仕事をしよう」そう思いながら、頑張ってまいりました。
そして、これまでに550棟ものお家をこの静岡県西部地区に建てさせていただきました。
本当にありがたいことです。子育て安心住宅が10年間ちゃんと続けられたことも、
そして、私やスタッフの家族、この子らが大きくなれたのも、
すべて、私たちを応援してくださるお客様のおかげです。

代表の4人家族の写真

10年経ったいまも、あのときと全く同じ。

妻や子供たちにも、改めて私は誓いましょう。
「家族に恥ずかしい仕事は絶対にしない。この地域の子供たちのために、本当に良い家を造る」
ほとんどのお父さん、お母さんは、子供たちのために家を建てます。
子供たちを安心して育てられるよう、お値打ちに、いい家を造らなければいけません。
私たちは、それを願って、この会社の名前をつけました。

私たちの会社の名前は、子育て安心住宅。
この地域で育つ子供たちのために、この会社を作ったのですから。

追伸
もうひとつ、変わらないものがあります。今もあのときと変わらず「お孫さん?」と聞かれています。

子育て安心住宅の
お客様への誓い

ご家族が末長く幸せに暮らせる家を造り続けるため、この10カ条を守り、お客様に対し誠実であり続けると誓います。

家を建てる時に絶対に
守らなければならない10カ条

  • 1たとえ不利な情報であっても、すべてお客様に伝えなければならない。
  • 2お客様の不安や悩みをすべて解決しないうちに、自分勝手な提案をしてはならない。
  • 3お客様の要望をそのまま聞くのは素人。よりよい提案をしなければならない。
  • 4ミスは正直に伝えなければならない。ウソをついてはいけない。
  • 5目先の便利さやコストを優先して、健康や安全を害するものをお勧めしてはならない。
  • 6家を売らんがための無理な資金計画をお勧めしてはならない。
  • 7お客様を大切な友人として守り続けていかなければならない。
  • 8家造りに対する情熱は誰にも負けてはならない。
  • 9自分の子どもたちに誇れない家は建ててはならない。
  • 10たとえ当社が選ばれなかったとしても、家造りが成功するよう、
    お客様の幸せを心から願わなければならない。

代表取締役社長 寺田 充孝
スタッフ一同

【子育て安心住宅のお約束】強引な勧誘は一切いたしません。
お気軽にお問い合わせください!