間取りプランの考え方②

家づくり相談室

間取りプランの考え方②

皆さんこんにちは。

子育て安心住宅の新谷です。

前回の続きで、間取りプランの考え方です。

◆用途別に分類して考える

間取りプランを考える際に、スペースを用途(機能)別に分類して配置します。

これをゾーニングと言います。ゾーニングの際は次の4つに分けて考えていきます。

①パブリックゾーン

リビング、ダイニングなど、家族が集まる部屋

②プライベートゾーン

寝室や子供部屋など、家族それぞれの部屋

③サービスゾーン

キッチン、浴室、トイレなど、生活の機能面に関わる共有部分

④移動ゾーン

上記3つのゾーンをつなぐ廊下や階段、玄関など

細かい間取りを考える前に、部屋の用途や配置、広さなどを大まかに決めておきます。このゾーニングよって、家づくりで考えるべきポイントが見えてきます。

資料

資料請求

REQUEST

家づくりカタログや施工事例集、
大好評『間取りの本』を
無料プレゼント!

資料請求をする
無料相談会の様子

無料相談会

CONSULTATION

  • その場で間取り作成
  • たくさんの事例写真・間取りをプレゼント
  • ご希望のお家の価格をその場でお答え
  • オンライン相談もOK
詳しくはこちら
イベント情報 資料請求 無料相談会